NHKに受信料を払いたくない人が急増中?私もその一人です。

J-CASTニュースで興味深いニュースが出ていました。

NHKから国民を守る党という政党が大躍進しているようです。

2019年4月21日から22日にかけて開票された統一地方選の後半戦で、シングルイシュー(単一論点)を掲げる政党が異例の勢力拡大を遂げた。

13年に設立の政治団体NHKから国民を守る党がそれで、「NHKにお金(受信料)を払わない方を全力で応援・サポートする政党(政治団体)」を掲げている。

首都圏や関西のベッドタウンを中心に47人が立候補し、26人が当選。その中には、NHKの「おひざ元」ともいえる渋谷区議選で当選した人もいる。
13人いる現職議員と合わせると、勢力は39人に拡大。7月の参院選で国政進出を目指す。

こんな尖った党が誕生するなんて、やはり見てもないのに受信料を取られることにフラストレーションがたまっている人が増えてきているのでしょう。

 

それにしてもこんな名前の政党があるなんてニュースではじめて知りました。

みなさんご存知でした??

 

NHKから国民を守る党の公約

NHKから国民を守る党の公約は、以下のとおりです。(公式HP代表挨拶より抜粋)

まず約800【21,000人】ある全国の市議会や東京都区議会の条例で、NHK集金人の個別訪問を禁止する条例を制定する。

NHKだけ視聴できないテレビを希望する家庭には、NHKの電波を供給しない条例を制定する。【NHKスクランブル放送の実施】

★この条例を制定する事により、安心してNHK受信料を不払い出来る。安心で安全な街づくりを目指します。

主張は非常に明快です。

NHKを見ないからお金を払わなくて良いようにしたいということですね。

 

でもNHK受信料不払いができることにより「安心で安全な街づくり」というのは繋がりがよく分かりません。

集金人の個別訪問が危ないっていう意味?

 

私は見ている人だけが受信料を払ってほしい派

我が家はしっかり受信料を払っていますが、本音を言ってしまうと、見たい人だけが受信料を払って見れば良い形にしてくれば家計はすごーく助かります!

 

今は子供におかあさんといっしょ等を見せたりしていますが、大人は一切NHKを見ていません。

となると、子供が大きくなれば完全にNHKを見なくなるでしょう。

 

つまり5年後くらいには解約できるものなら解約したい気持ちです。

 

見ないものに毎月2000円以上取られてるってなんだか馬鹿げてます。

毎月2000円払っているとすると年間24000円ですから決して無視できない金額になります。

10年払うと24万円!!

50年払うと120万円!!

 

スクランブル放送(テレビ放送で契約した人だけが視聴できるようにするシステム)にするとか、衛星放送みたいに、画面に受信料支払のお願いを出して、見れなくするとかできると思いますが、それができないのは、受信料払ってまでもNHKを見たいという人が思ったほど多くないとNHK自身が自覚しているので、踏み切れずにいるということなんですよね。

 

f:id:yugayuri:20200220214051p:plain

NHK自身がそれを言うと自滅やもんな。

 

f:id:yugayuri:20200218205636p:plain

受信料収入は絶対に手放さへんで~。

 

時代は変わってしまった

最近はインターネットが発達し、情報はリアルタイムにネットで入手できるようになりましたし、娯楽も充実しています。

 

テレビくらいしか娯楽がなかった時代とは違うのだから、見ない方が増えてきているのは当然のことです。

 

公共放送の在り方として今のままでいいのか、国民の感覚と乖離した状態を放置していいのかということを、ぜひ議論していただきたいと思います。

 

私もNHKの受信料払いたくないです!!