読者からのアドバイスによりSPDR S&P500 ETF(1557)からVTIに乗り換え

こんにちは。子育て投資家のゆーりです。

 

私はこれまで投資の主軸としてSPDR S&P500 ETF(1557)を購入していました。

この間、約7万円の分配金が振り込まれニヤニヤしていたところです。

しかし、とある読者からアドバイスをいただきバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)に乗り換えることにしました。

完全に浮気といわれても仕方ありません。

これまでSPDR S&P500 ETF(1557)を購入していた理由

さて、これまで購入してきたSPDR S&P500 ETF(1557)についてですが、これの利点はなんといっても日本円でお手軽に投資できることでした。

 

SPDR S&P500 ETF(1557)は、S&P500への連動を目指すETFで、米国の株式市場に上場する代表的な約500銘柄(グローバルでも勝ち残っている優秀な企業群)に分散投資を行います。

S&P500は米国の大型株の動向を表す株価指数として広く知られていて、米国株式市場の時価総額の8割程度をカバーしているそうです。

 

東証には2011年に上場したばかりで比較的最近ですが、本家アメリカでは20年以上運用されている由緒正しきETFです。

 

経済成長が続く米国市場ですので、停滞気味の日本市場に投資するよりは安心して保有できます。

 

また、下手なアクティブファンドを買うよりもずっと手堅い投資法だと確信してこれまで買い増してきました。

 

このETFを長期保有することにより資産を最大化しようとしていたわけです。

 

さらに、私が大事にしているポイントの一つに「大きく儲けることよりも大損しないこと」があります。

 

大損して投資そのものから引退する事は絶対に避けなければなりません。

そのために、まず無茶な投資はできません。

 

独身で子供がいなければもう少し冒険できるかもしれませんが、子供が2人いる今、リスクを取りすぎて資産を大きく減らすわけにはいきませんから、個別株よりETF比率を高めに設定していました。

 

経費率はバンガード社のETFが有利

そうやってSPDR S&P500 ETF(1557)をせっせと購入していたのですが、最近、とある読者から衝撃的なコメントをもらいました。

 

同じ目標を達成できて、しかもより安い経費率のETFがあると。

 

何十年も長期保有する前提なのであれば、より経費率が低い商品のほうが良いと丁寧に教えてもらいました。

 

具体的に紹介してもらったのは以下の2種です。

  • バンガード・S&P500 ETF(VOO)
  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

 

今まで購入していたSPDR S&P500 ETF(1557)だと経費率は約0.09%でした。

これでも十分安いです。

 

しかし、バンガード社の上記のETFはそれよりさらに安い0.03%とのこと。

最近0.04%から0.03%に値下げされたそうです。

バンガード・S&P500 ETF(VOO)

バンガード・S&P500 ETF(VOO)は、私がこれまで購入していたSPDR S&P500 ETF(1557)と同じく、アメリカのS&P500指数に連動するETFです。

構成銘柄数は約500種類、純資産総額は10兆円以上。

対象は大型株ばかりです。

そして、経費率はなんと0.03%、

とっても安いです。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は、アメリカの株式市場全体に投資するETFで、CRSP USトータル・マーケット・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指しています。

大型株・中型株・小型株すべて含んでいます。

構成銘柄数は3500種類をこえ、純資産総額は10兆円以上。

経費率はこちらも最近0.03%になりました。

 

1557を売ってVTIを買いました

1557を利益確定し、思い切ってVTIに乗り換えました。

 

せっかくなので500社より全米をカバーできるほうが良いかなと思いまして、VOOではなくVTIにしました。(すみません。完全に気分なのでたいした理由ではありません。)

 

ただ、乗り換えにかかる売買手数料を含めても安くなるのかどうかはしっかり計算してません。(雑な性格ですみません。。)

 

あと、これを機にいくつか含み損の日本株を損益通算のために売却しました。

1557売却分の利益と相殺です。

 

この資金をもとにVTIをガッツリ購入しました。

 

VTI購入はドル建てになりますので、円建てで購入できるSPDR S&P500 ETF(1557)に比べると少し手間がかかります。

 

ですが、頻繁に売買するわけではないので、少しくらい手間がかかっても利益を最大化できるほうが良いでしょう。

 

将来資産が大きく増えますように。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします☆

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ