ケンコーマヨネーズから株主優待(マヨネーズとドレッシング)が届きました

マヨネーズの箱

ケンコーマヨネーズ(2915)より株主優待が届きました。

写真のようなかわいい箱に入って届きました。(よく見ると後ろの壁がボロボロでお恥ずかしいです。。)

 

f:id:yugayuri:20200312130213p:plain

ありがとうございます♪

 

マヨネーズといえば、誰もが真っ先に思い浮かべるのがキューピー(2809)だと思いますので、優待投資家でもない限り「ケンコーマヨネーズなんて会社聞いたことないよ」というかんじだと思います。

 

私も株式投資をするまではこの会社のことを知りませんでした。

 

キューピーは一般消費者にも知れ渡っていますが、ケンコーマヨネーズはどちらかというと業務用(ホテル・レストラン)向けに販売している会社のようです。

 

ケンコーマヨネーズとはどんな会社?

企業理念「食を通じて世の中に貢献する。」をもとにマヨネーズ等を製造販売している会社です。

あまり知名度がないのは前述の通り、業務用(ホテル・レストラン)向けの割合が高いからのようです。

 

マヨネーズ以外にも、サラダ・総菜やドレッシング、タマゴ加工品なども製造販売しています。

商品ラインナップ

商品ラインナップ(会社公式HP2019年3月期決算説明資料より)

 

レストランなどの外食チェーンで使われるものから、コンビニエンスストアのお総菜、パン屋さん、学校給食など、さまざまなところでケンコーマヨネーズの商品が使われていたり販売されていたりします。

 

あとは、連結子会社サラダカフェをオープンしていたりもします。

 

業界での順位についてですが、マヨネーズ市場では国内2位、袋から出すだけで使えるロングライフサラダについては国内1位となっています。

 

中でもサラダやタマゴ加工品の売上が右肩上がりに上昇しています。

 

単身世帯の増加や女性の社会進出(共働き増加)により皆ゆっくり食事を作っている暇もないですから、手間のかからないパックサラダや加工食品需要は当面衰えることはないでしょう。

時短のためなら出費をおしまない世の中になってきましたし。

 

販路の拡大に力も入れているようですが、海外展開はまだ道半ばといったところでしょうか。

やはり大手の海外展開速度にはなかなかかないませんね。

 

海外に進出できたとしてもそんなに高付加な商品を持っているわけでもないですし、海外部門を黒字化に持っていくのは至難の業といえそうです。

 

株主優待の内容

さて、届いた株主優待の箱を開けてみるとこんなかんじです。

マヨネーズ

株主優待1000円相当のマヨネーズとドレッシングです。(100株保有の場合)

これで美味しくサラダを食べれますね。

 

マヨネーズには、アンパンマンに出てくるバタコさんみたいなキャラクターが描かれていて可愛らしいです。

 

ちなみに1000株以上保有すると優待内容がグレードアップし、2500円相当の商品がもらえるようになります。

 

既に損切り済み

近年、業績は拡大を続けてきたのですが、19年3月期の経常利益は少し凹んでしまいました。

それに伴い減配になってしまったので泣く泣く保有株を手放しました。

配当金推移

配当金推移(会社公式HP2019年3月期決算説明資料より)

配当金が37円から30円にダウンしています。2割近く減ってます。

 

その結果、一時期は10万円以上の含み益があったのですが、ずっと放置してたら8万円くらいのマイナスになっていました。(泣)

 

f:id:yugayuri:20200218204158p:plain

これはアカンやつや

 

完全に売却タイミングを間違いました。

 

それにしても赤字になったわけでもないのに、簡単に減配する日本企業はもっと米国企業を見習ってほしいものです。

 

平気で投資家を裏切るような行為はやめましょう!

そんなに軽々しく減配しないで(切実)

 

その他の株主優待情報

他にもおすすめ優待を紹介していますので良かったら見てください☆

こちらはクオカード優待銘柄。

 

また、にほんブログ村なら他のブロガーさんによる優待情報がたくさんありますよ。

銘柄選定の参考にぜひどうぞ。

にほんブログ村

ぜひお気に入りの銘柄をみつけてくださいね♪