オカダアイヨン、ウィルグループ、近鉄エクスプレスから株主優待クオカード到着

f:id:yugayuri:20190629220821j:plain

3社から株主優待クオカードが届いていました。

合計でなんと6000円分です。

ありがとうございます。

おそらく子供のオムツ代になります。

オカダアイヨンからは1000円分

オカダアイヨンは、建設機械及び林業機械の製造、販売、修理を手掛けている会社で日本のみならず北米や欧州にも展開しています。

主力製品は、油圧ブレーカや圧砕機などが挙げられます。

最近はタイに駐在員事務所を設立しており、高成長率の東南アジアエリアでも事業を拡大していくようです。

この会社からは1000円分のクオカードを受け取りました。

100株保有で1000円分、200株保有だと2000円分のクオカードをもらえます。

2016年以前だと100株で2000円分もらえたのですが、改悪されてしまっています。

 

ウィルグループからは3000円分

ウィルグループは、セールス分野、コールセンター、介護分野等で人材派遣を行う企業です。

M&Aにも積極的で成長を続けており、9期連続増収増益を達成しています。

私は200株保有しており、3000円分のクオカードを受け取りました。

保有期間により、金額がアップしていく形式で、来年は4000円分にアップする予定です。

今から楽しみです。

株価は一時期に比べるとだいぶ下がっていますが、取得単価が低いところだったのでまだ含み益が出ています。

 

近鉄エクスプレスからは2000円分

物流企業の近鉄エクスプレスからは2000円分のクオカードを受け取りました。

年2回もらえますので、年間では4000円分受け取れます。

この会社は増配発表もしておりますので、優待とあわせるとまずまずの利回りになっています。

一方で最近株価は冴えません。

トランプ大統領発の貿易戦争激化でダイレクトに影響を受ける業界だからです。

逆に言うと、それらが落ち着けば株価はV字回復するはず??

 

クオカード優待は廃止されやすい点に注意

クオカード優待は使い勝手が良いですが、廃止されやすい点には注意が必要です。

私も過去2回クオカード優待廃止を経験しており、そのうち一度はストップ安に張り付け状態となってしまいました。

やはり自社製品であったり自社サービスの割引券の優待と比較すると、企業側の負担が重く、業績が落ち込むと簡単に廃止されてしまうケースが目立ちます。

ですので、クオカードをもらえるからという理由で購入するのではなく、長期的な成長に期待して銘柄を選定するようにしたいところです。

クオカードがないとしても保有したいと思える会社かどうかが重要なポイントということです。

優良な会社の株を買いましょう。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします☆

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ