ネットバンクだけでなく証券口座だってフィッシング詐欺の被害にあうかも

今日ニュースで、「インターネットバンキングの口座にフィッシングという手口で不正アクセスされ、知らない間に預金が詐欺グループに送金される被害が急増している。」というものを見ました。

 

ニュースでは、「インターネットバンキング」や「ネットバンク」という言葉が使われるので銀行だけの話かと勘違いしてしまいそうですが、証券会社の口座だって被害にあう可能性がありますから注意が必要です。

 

勝手にログインされて、自分の知らない間に株の売買がなされていたりすると大変ですよ!

 

フィッシングとは

フィッシングの手口は、金融機関などを装った電子メールに、「アカウント更新のため」などとして電子メール内に書かれているURLをクリックさせ、表示された偽のWebサイトに口座番号などのID、パスワード、クレジットカード番号などを入力させ、情報を盗み取ります。

 

f:id:yugayuri:20200310141040p:plain

偽メール送るで~。

 

偽のWebサイトとはいえ、見た目はそっくりに作られているため、それが偽のWebサイトであるということに気づくのは困難です。

 

今回ニュースで話題になっているのはネットバンキングでしたが、証券会社のHPなども含む会員制ウェブサイトであれば、同様の被害が発生する可能性があります。

 

最近は、より巧妙な手口やスマートフォン利用による接触機会が増加しているため、多くの利用者が被害を受けやすくなっているようです。

 

フィッシングの多くは電子メールがきっかけ

フィッシングは、電子掲示板やSNSにURLを記載して誘導する手口もありますのが、やはり一番多いのは電子メールのようです。

 

パスワード変更を促すようなメールが届いた場合は、差出人等を疑って確認したほうが良さそうです。

 

不審なメールは安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルをダウンロードしたりせず、送られてきたメール自体を完全に削除するようにしましょう。

 

万が一偽サイトにアクセスしてしまった場合でも、パスワード等の入力を求められても絶対に入力しないようにしましょう。

 

フィッシングを防ぐために

ID・パスワードなどを入力するWebページにアクセスする場合は、普段利用しているをWebブラウザのブックマークに正しいログインページのURLを記録しておき、毎回そこからアクセスするようにするなど、常に真正のページにアクセスすることを心がけましょう。

 

また、本物のWebサイトのドメイン名やURLを常に意識して、正しいWebサイトにアクセスしているかを確認することも求められます。ちょっと上級者向けになりますが、アクセス先のサーバ証明書の内容を確認するのがもっとも手堅い手段です。

 

さらに、市販ウィルス対策ソフトの中には、フィッシングサイトやフィッシング目的のメールを検出する機能などが備わっているものもあるようです。

 

より詳細な情報が知りたい方はぜひ専門的な説明をしてくれているサイトで勉強なさってください。

 

大切な資産を守っていくためにも、投資家も多少はITリテラシーを高めていく必要がありますね。

みなせん、ぜったいにフィッシング詐欺にあわないように気をつけましょう。

 

関連記事。他にも株式投資で気をつけること。 

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします☆

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ