【地獄の底から】日本企業には今こそ自社株買いをしてほしい【願望】

こんにちは。

度重なる株価下落で、地獄の炎に身も心も焼かれている子育て投資家のゆーりです。

 

日本の企業にお願いしたいですが、今のように株価が下がっているこんなときこそ自社株買いをしてほしいです。

 

霞ヶ関キャピタル(3498)富士フイルム(4901)なんかは大規模な自社株買いを発表して急伸しています。(上がった分を今後維持できるかは知りません。)

 

こちらだって、ただやみくもに、どの企業にも自社株買いをしてほしいなんて言う気はさらさらありません。

自社株買いすべきなのは手元資金に余裕のある会社です。

 

どういうことかというと、自社株買いのために費やす資金には、本来さまざまな使い道があるはずです。

例えば、設備投資や研究開発費用です。

 

自社株買いによって資金を失うと、設備投資や研究開発に資金を投じることができず、会社が成長できる機会を失ってしまう可能性も秘めています。

 

つまり、手元資金に余裕のない会社が無理して自社株買いしても、自社の未来を壊すことになってしまうということですね。

 

しかし、日本には、手元にいっぱい使うあてもないお金を残している会社が多いんだから、投資先に困っている会社は、「こんなときこそ有効に使ってほしい!!」と感じています。

 

自社株買いをすれば起こる良い事

では、企業が自社株買いをすれば、例えばどんな良いことがあるんでしょうか。

わざわざ投資ブログを読んでいる人にはもはや説明不要かもしれませんが、代表的な効果を挙げておきます。

 

①株主への利益還元

まずは、これですね。

自社株買いには株価を引き上げるもしくは下支えする効果があるため、その結果として株主に利益を還元することができます。

今の相場だと含み損になっている投資家が多いと思いますので、損失を和らげてくれているといった表現が正しいでしょうか。

 

敵対的買収への対策

魅力的な会社の株価が安くなれば他社から敵対的な買収をされる可能性がありますが、自社株買いにより自社の持株比率を高めることで買収を防ぎ会社を守ることができます。

 

【豆知識】自社株買いの買付時の縛りルール

ところで自社株買いをするにも、結構色んな縛りルールがあるんですね。

私も知らなかったので調べると以下のように記載されていました。

【自社株買いの買付時のルール】

・1日に買付できる証券会社は1つまで

終値への影響をなくすため大引け30分前になると買付できない

・寄付前の買い注文では、前日終値以下での指値注文はできない

・寄付後の買い注文では、その日の高値を超えた価格での指値注文や、直近の売買価格を上回る価格で反復継続した指値注文ができない

・1日の買付は、直近4週間における1日あたりの平均取引数量の25%まで

ようは意図的に株価を誘導するような買い方(株価を吊り上げるような行為)はダメで、上値を追うのは投資家たちに任せましょう、ということですね。

 

いつも大引けでまとまった株の買いが入るのを見ることがあると思いますが、自社株買いではないかと思ってました。

これは完全な誤解で、ただの大口さんの取引だったようです。

 

ちなみに、日経平均株価が8000円割れを起こした2003年や、リーマンショック後の2008年には、一時的に自社株買いの制限が撤廃され、多くの企業が自社株買いを実施したとネットで書いてありました。

 

  f:id:yugayuri:20200217163745p:plain

とにかく買いまくれってことや

 

今後も株価下落が続いていくなら同様の措置が取られたりして?

そこまで酷い状況にはならないことを祈ってますが果たして・・・。

 

まとめ

話が脱線してしまったので、もとにもどしますが、本日の私の言いたい事!

 

手元にキャッシュが余っている会社は今こそ自社株買いすべき!!

 

ちなみに自社株買いをしてくれたとしても、私は日本株をそんなに持っていませんから、あまり影響はないかもしれません(笑)

ですが、日本の株が上がっていけば、世の中のこの暗い雰囲気もいくらかはマシになるのではないでしょうか。

 

また日本に「株式の暗黒時代」がやってきてしまうと、銀行預金最高&デフレの時代に逆戻りしてしまいます。

私はそんなことは望んでいません。

 

含み損でかわいそうと感じた方は、応援クリックよろしくお願いします☆

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ