eMAXIS Slim 国内リートインデックスの積立をはじめました

こんにちは。

子育て投資家のゆーりです。

 

先日、ついに楽天証券の口座を開設して、楽天ポイント投資をできる状況になりました。

それでさっそくポイントを使ってeMAXIS Slim 国内リートインデックスを購入しました。

この投資信託は、東証REIT指数の値動きに連動する投資成果をめざすものです。

 

REITをご存じない方のために説明しておくと、REIT(リート)とは、不動産に分散投資できる金融商品です。

その中でも日本を対象としたものはJ-REITと呼ばれています。

 

日本の不動産の先行きは暗いと考えている人が多いです。

たしかに日本全体で見たらそうかもしれませんが、局所的(具体的には東京とか)には、需要があります。

REIT投資法人は、そのような局所的に需要がある優良な場所を中心に施設を有していますので、ド田舎の売るに売れないような施設は投資対象になっていません。

 

このREITという商品を購入することで、そんな優良な施設がうみだす賃貸収入という果実を受け取ることができます。

 

f:id:yugayuri:20200217171427p:plain

めざせ!不動産王!

 

私も以前、J-REITの銘柄をいくつか保有していたのですが、去年、J-REITの爆上げがありまして、その際に手持ちのREIT銘柄は全部利確してしまいました。

例えばこんな銘柄です。

 

最近、新型コロナウイルスの影響でREITが全体的にボコボコに売られまくっているので、そろそろ買戻しをはじめることにしました。

ただ、今回は個別銘柄の購入ではなく投資信託で。

 

中長期的な投資対象としては、J-REIT市場の魅力は高まってきているのかなと思ってます。

短期では当分ダメそうな雰囲気がプンプンしてますけど。

 

eMAXIS Slim 国内リートインデックスの概要

今回購入したeMAXIS Slim 国内リートインデックス は、三菱UFJ国際投信が販売する投資信託で、前述のとおり、東証REIT指数の値動きに連動する投資成果を目指している商品です。

 

個別のREIT銘柄に手を出すのは怖い方や少額から投資したい方にはおすすめの商品となっています。

個別銘柄だと購入するために数万円~数十万円は必要ですが、こちらは100円から投資できます。

 

まだ設定(販売開始)されてから間もないため、純資産は少ないですが、手数料(後述)が他の同タイプの投資信託と比較して最安水準ですので、今後は純資産が増加していきそうです。

手数料

購入時手数料 : なし

信託財産留保額 : なし

信託報酬 : 年率0.187%(税抜 年率0.17%)以内

組み入れ銘柄

組み入れ銘柄の上位は以下のようなかんじです。

  1. 日本ビルファンド投資法人 (オフィス)
  2. ジャパンリアルエステイト投資法人 (オフィス)
  3. 野村不動産マスターファンド投資法人 (総合)
  4. 日本プロロジスリート投資法人 (物流施設)
  5. オリックス不動産投資法人 (オフィス)
  6. 日本リテールファンド投資法人 (店舗用)
  7. ユナイテッド・アーバン投資法人 (総合)
  8. 大和ハウスリート投資法人 (総合)
  9. GLP投資法人 (物流施設)
  10. アドバンス・レジデンス投資法人 (住宅用)

 

オフィス系を中心に総合(用途いろいろ)と物流系のREITの比率が高いです。

東証REIT指数の値動きに連動しますので、組み入れ銘柄は当然東証REIT指数と同じです。

 

今爆下げ中のホテル系REITは組み入れ上位には現れていませんが、11位以下にいくつか出てきます。

ですので、それらのREITが足を引っ張って基準価格の回復が遅れています。

 

正確には、「それらのせいでなぜかあまり影響を受けないはずの他の優良REITまで巻き添えをくらって下落をしています。」のほうが正しいかもしれません。

 

商業施設は概ね固定賃料のため底堅いですし、オフィスや物流施設の需要も堅調です。

コロナでまったく打撃がないわけではないですが、ホテルREITのように爆下げしまくるほどの理由はありません。 

 

似た名前のeMAXIS 国内リートインデックスとの差は?

さて、eMAXIS Slim 国内リートインデックスと非常に名前が似ている投資信託の中に、eMAXIS 国内リートインデックスという商品があります。

 

これらは投資対象は同じであるものの、手数料に差があります。

 

Slimという文字がついているものはネット販売の商品で手数料が安く抑えられています。

 

これに対して、SlimがついていないeMAXIS 国内リートインデックスは窓口で販売されている商品ですので、手数料が少し高めに設定されています。

 

実はネットでもSlimがついていないeMAXIS 国内リートインデックスを購入することは可能なのですが、手数料が高い分だけリターンがマイナスになってしまいますので、特段の理由がない限りは、Slimがついているほうを購入すると良いでしょう。

 

今後の方針

今後の方針ですが、現金と楽天ポイントeMAXIS Slim 国内リートインデックスを少しずつ積み立てていきます。

ですが、高くなりすぎたら購入しません。

安かったら仕込むスタンスでいきます。

基準価格が10000円をこえてきた場合はゼッタイに買いません。

 

そして、15年後くらい(子供が大学に上がるころ)に売却して、学費にしてしまいましょう。

子供が大学に行ってくれるかどうかは知りませんが。

 

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ