ビットコイン、アンティークコイン、モダンコインなどいろいろ物色中

こんばんは、子育て投資家のゆーりです。

前回記事で運用資産額が5000万円を突破したことを報告しました。(ただし、借金も〇千万円・・・。)

yugayuri.hatenablog.com


めでたく5000万円達成記念?ということで、現物の金貨を買いました。

それから以前損切りさせられたビットコインにも再参入しています。

 

現物と仮想と、両方のコインを買っているわけですね。

というわけで、今回は簡単にその報告をします。

 

金貨への投資

金貨への投資というのは、いわゆる、アンティークコイン、モダンコインといわれる部類のもので、今回はお手軽価格の安めの金貨を選んで買いました。

具体的にどんな金貨を買ったのかというのは、またそのうち詳しく書ければと思いますが、しばらく時間がないので当分先になるとは思います・・・。

 

今回はご存じない方のためにアンティークコイン投資という言葉だけ紹介しておきます。

 

おそらく投資ブログをのぞくような方であればアンティークコインという言葉くらいは聞いたことがあると思いますが、それが投資対象になるのかというとピンとこない方が多いと思います。

 

まず、そもそもどんなものがアンティークコインと呼ばれるかですけど、第二次大戦前であるとか、100年前とかに流通していた通貨・記念硬貨がアンティークコインと呼ばれているようですが、厳密な定義はありません。

 

アンティークコインには世界中で熱心なコレクターがおり、デザインが美しいものや状態の良いものは高値で取引されています。

またアンティークコインは、金や銀などで作られていることから貴金属としての価値が高いので、価値ナシのガラクタになることはほぼありえません。

金や銀の価格+希少さに応じたプレミア価格で取引され、インフレが進むこの世の中、そのプレミア部分の価格がどんどん上がっているようです。

将来金や銀の価格が上がったり、プレミア価格が上がれば値上がりが期待できるというわけです。

 

あと、モダンコインという言葉も紹介しておきます。

こちらも厳密に定義がなされているわけではありませんが、第二次大戦後に発行された通貨・記念硬貨のことを呼ぶことが多いようです。

アンティークコインに比べると最近に流通したものであり、レア度は低いことが多いですが、発行枚数が少なく状態が良いものは高値で取引されているようです。

 

私がこういったものを購入したのはもちろん投資目的でもありますが、どちらかというと5000万円達成記念でとりあえず美しいものを買ってみたというかんじです・・・。

まだそんなにのめりこんでるわけではありませんが、今後も資産が増えていったら記念でちょっとずつ買ってみようかなと思ってます。

 

ビットコインへの再投資

そして、今月仮想通貨への投資も再開しました。

f:id:yugayuri:20200217163745p:plain

 

実は以前損切させられてもう持ってなかったのですが、大口が次々とビットコインを購入しているというニュースを見て、それに釣られて飛びついちゃいました。

最近価格が跳ね上がってますしね。乗り遅れまいと焦ったかんじではあります。

 

以前、損切したというのは、コロナショックの際の暴落局面で現金比率を上げようと、米国株以外の資産(日本株とかビットコイン)を結構現金化してしまっていたんですよね。

絶好の買い増しチャンスで仮想通貨を全部手放してしまいました・・・。

 

今回は損切しないようにストロングホールドで行きたいと思います。

といってもストロングでホールドしないといけないほどのお金も投入していないですけど。

今日時点で投資額はまだ9万6000円程度です。(楽天ポイントでの投資を含む)

これから楽天ポイントをガンガンビットコインに変えていきます。

 

 

現物と仮想と、両方のコインへの投資。どっちも成功すると良いですが・・・